KTCホールディングスは「チャレンジ25」に参加しています。

Service サービス

子どもたちの評価

子どもたちの学習活動に対して、その目標のどのくらいを達成できたのか?
子どもたちの学力水準や学習活動の結果を分析し、
子どもたちへの適切な学習指導とともに教育方法・内容等の適性や有効性などを把握することを教育評価と言います。
この教育評価の方法には2通りあり、一つは学年や学級など特定の集団内における学業成績の相対的位置を示す 客観的な評価である「相対評価」、もう一つは個々の子どもたちの学習目標への達成状況を示すもので、 学習者の進歩など表すのに適している「絶対評価」です。
2002年の新学習指導要領の導入により、教育評価が今までの相対評価から絶対評価に変わりました。

一人ひとりの個性を伸ばす教育

子どもたちには持って生まれたすばらしい能力があります。
それは、育ってきた環境により、また子供たちそれぞれの興味や関心の度合いによって大きく変化します。
子どもたち一人ひとりが自分の特性を理解し、将来何になりたいのか、そのためにはどうしたらよいのか
自分で考えることが必要です。
またそのための適切なアドバイスも必要です。
KTCホールディングスではそのために役立つサービスの提供を行っています。

↑ PAGE TOP